理事長 稲葉 敦

◆ご挨拶

一般社団法人LCA推進機構(LCAF)は、LCAの社会への普及と、LCAの実施の支援を目的に設立されました。

私は、1993年にISO/TC207が設立され、LCAの国際標準化の作業が始まって以来、LCAの手法開発及びその実践に係わってきました。1995年のLCA日本フォーラムの設立、1998年から8年に及ぶ第1期及び第2期LCAプロジェクト、2009年から3年間のカーボンフットプリント(LFP)試行事業などの政府の事業に係わり、並びに、2001年に産業技術総合研究所LCA研究センターが設立された際に7年間センター長を務めたことが、その節目になっています。

1997年にISO14040が発行されるまでは、LCAの実施方法も定まっておらず、欧米を中心にLCAの研究者が様々な手法を提案している状況でした。それらをフォローし、現在はIDEAとして知られるLCAデータベースとソフトウエア(現在はMilcaとなっています)の初期バージョンを作り、また、環境影響評価手法(LIME)の開発に携わってきました。

これらの経験を活かし、LCAFでは、LCAを社会に普及するためのLCAの教科書の発行とそれを用いた研修の実施等の教育、並びに企業や団体のLCAの実施の技術的支援及びLCA報告書の検証などの事業を行います。 LCAFの活動が持続可能な地球を作る礎の一つになることを願っています。

2021年1月 LCAF 設立1周年に際して
LCAF理事長 稲葉 敦

◆略歴: 静岡県生まれ、東京大学工学部化学工学科卒業-
東京大学大学院博士課程修了(工学博士)
1981/04- 通商産業省工業技術院公害資源研究所
1984/05-1986/03 米国商務省標準局火災研究所客員研究員
1990/12-1992/04 国際応用システム研究所(オーストリア)客員研究員
2001/04-2008/03 独立行政法人産業技術総合研究所  ライフサイクルアセスメント研究センター長
2005/12-2009/03 東京大学人工物工学研究センター教授
2008/04-2009/03 独立行政法人産業技術総合研究所  安全科学研究部門副部門長
2009/04-2020/03 工学院大学先進工学部環境化学科教授

◆委員会:
ISO/TC207/SC5エキスパート及び国内委員会委員長
ISO14040/14044:2006発行共同議長
IPCC第5次報告書WG3第12章リードオーサー
日本工業標準調査会標準部長 等を歴任

◆著書
2018/04 改訂版 演習で学ぶLCA(編著): 株式会社 シーエーティ
2018/08 LIME3-グローバルスケールのLCAを 実現する環境影響評価手法(編著): 丸善出版株式会社